RSS | ATOM | SEARCH
チェンマイでSIMロック解除
今回は日本で使用していたiPhoneIphone5をタイタイで使える様にします。

日本滞在中に色々と調べた結果、『R-SIM7+』を使用すればSIMロック解除が出来て、
飛行機海外でも使用可能との情報が多数ありましたので、楽天楽天にてR-SIM7+を購入。確か2,000弱だったと思います。

現地チェンマイにて「true move H」のSIMを購入して準備OK!



ネットで成功者のブログを読みながら挑戦しました。
しかし、出鼻を挫かれるアクシデント…。

解除の為のツール(R-SIM7+)の上にSIMを乗せると、
厚みがあり過ぎて本体に入らない…。

しょうがないので、SIMを削ります…。


私は紙ヤスリの上で擦りましたが、カッターカッターで削った方が断然に早いらしい。


やっと、Iphone
iPhoneの本体に入る薄さになりましたので本体にSETとして解除再開!
ネットでやり方を確認しながら慎重にやった結果・・・、




なんだこれ???
こんな画面になるとは書いてないですけど・・・




うぉーーー!!!
何だコノ画面は!!!

何度やり直ししても、この画面から先に行かないじゃないか!!!
画面の文章、「交換を依頼してください。」と何事だ!!!

がっかり・・・。
所詮、海外では使えないのか…。


と、諦めるのはまだ早ーーーい!!!

何件ものお店で『日本の携帯電話は解除出来ない…』と断られながら、情報を収集していった結果、

チェンマイ エアポートプラザ
にSIMロック解除の達人が居るらしいとの情報をGET!
名付けて『解除の達人!』

早速現地へ
エアポートプラザ内で数件に聞いて回り、
やっと「解除の達人」を発見!

シャイなお兄さんなので写真は出せないが、
大柄で、ぽっちゃりしたお兄さんです。
顔は怖いが優しいです。

達人のお兄さんに、今一度出来るかを確認。
『ダーイ クラップ(出来ますよ)』との返事。

早速お願いする。


使用するのは、写真左下の解除ツール 1,400バーツ(約4,800円)と、新しいSIMカード「trueサバーイ」49バーツ(約170円)、このSIMでないと上手くいかないそうだ。


残念ながら、私が持参した「true move」のSIMでは出来ないそうです。

まずは、同フロアの「true」のカウンターでSIMを使えるようにしてもらう。
そしてショップに戻り、お兄さんにSIMを渡すと、マイクロSIMサイズを、Iphone5の本体に入る大きさのナノSIMサイズにカットします。
カットしたSIMを本体に入る厚さまで削り、本体にSET!

達人のお兄さんが、自分の携帯電話のSIMカードも使って抜き差しすること30分、
『出来たよ!』というお兄さんの言葉。
そして画面を確認すると、


おーーー!!!
TRUE−H になってる!!!
お兄さんスゴイ!!!

何事も無かったかのように次のお客さんの携帯電話を操作するお兄さん、

最後に『Iphone6+
iPhone も出来ますか?』との質問に、
『ダーイ』と一言答えるお兄さん。
シャイだ。


旅行中に自分のスマホを使いたい方にはオススメです。
滞在中の利用料は、
セブンイレブンセブンイレブンでチャージ出来ますので楽ですね。

是非、どうぞ!




 
author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:プチ情報, 23:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。