RSS | ATOM | SEARCH
バーンチェンマイの寄付活動
 バーンチェンマイでは2011年から、その売上げの一部を「山岳民族の学校に寄付しています。

 タイ北西部、ミャンマーとの国境がある山岳地域に「オムコイ」という街があります。そして更にその山深く『オムコイ ホヮイワイ』という学校があります。

オムコイ1.jpg



事の始まりは、大学時代の友人「メガ」君から日本に届いた一通のメールからでした。

『メムちゃん、こんにちは。日本でガンバってますか? 私は今、オムコイの山の中で子供達に勉強を教えています。(中略)メムちゃんにお願いがあります。オムコイの村も段々と寒くなってきました。ココは標高も高いので特に寒いです。しかし、ここの子供達は長袖や長ズボン、靴下といった服を持っていません。日本で着なくなった子供服を寄付してもらって下さい。お願いします。』

という内容でした。私は早速、知り合いの方にお願いして子供服を集めました。(さすが日本! キレイな服が集まりました。)コレをチェンマイまで持って来たのが始まりです。それから僅かですがバーンチェンマイでの売上げの一部で、子供達への勉強道具やお菓子、日常品や薬などを購入して寄付しています。



今年は、同じく大学時代の「ジョム」君が会社の同僚達と、オムコイの学校まで行きました。

オムコイ2.jpg
荷台の上に居るのが「ジョム」君、バンコクにある『TESCO Lotus』の本社で管理職をしているエリートです。もう一人が、山岳民族の学校の先生「メガ」君です。


行った日も雨が降って、この状態。
オムコイ3.jpg
雪道でもないのにチェーンを巻きます。


最後は押すしかありません…。
オムコイ4.jpg



最後の峠を越えたところで子供達が迎えに来てくれました。
もちろん、徒歩で…。
オムコイ5.jpg



歓迎の踊りを披露してくれました。
オムコイ6.jpg



皆で、風船の動物を作ります。
オムコイ7.jpg
初めての風船。。。



コレが貴重です。薬。
オムコイ8.jpg
ちょっとした薬が子供達の命を守ります。



村の人達が、『寄付してくれた方へのお礼』としてバックを作っていてくれました。
オムコイ9.jpg
お世辞にもカッコイイ物ではありませんが、感動します。

『このバック・・・、プライスレス・・・。』


もちろん、私達だけでコノ村が救われる訳でもありませんが、しかし、誰かが手を貸さなければ、この村の人達も悪い人達に騙されて『悪魔の薬』を栽培するようになってしまうかもしれません…。



「癒しの街、チェンマイを日本語で観光」
http://thai-baan-chiangmai.com/kankou.html
(バーン・チェンマイHP)
author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:ボランティア&寄付, 23:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.thai-baan-chiangmai.com/trackback/166