RSS | ATOM | SEARCH
クラトン(灯篭)を自分で作ろう! 2018

いよいよ今年も「ロイクラトン祭り」が開催されます。

※詳しくはコチラ→https://www.thailandtravel.or.jp/chiang-mai-yeepeng-festival/

 

バーン・チェンマイでは、クラトン(灯篭)を自分で作るコースを企画しました!

是非、ご応募下さい!!!

 

【自作のクラトン(灯篭)をピン川に流そう! 2018】

 

(写真はイメージです)

 

開催日:2018年11月 21日、22日、23日の3日間

お時間:9:30〜14:00(送迎、昼食付き)

場所:バーン・チェンマイの施設内(チェンマイ郊外)

費用:1人2,400バーツ、材料込み(複数人の場合、割引あり)

※催行は2名様より、催行人数に達しない場合は中止となります。予めご了承下さい。

 

【スケジュール】

09:30 各ホテルにお迎え(ナイトバザール付近)

10:30〜12:30 クラトン作成

(昼食付き)

14:00 各ホテルにお送り

 

となります。

1日の定員は8名様までとなっております。

 

お問い合わせは、コチラから↓

http://thai-baan-chiangmai.com/contact.html

 

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:タイの文化風習など, 14:23
comments(0), trackbacks(0), - -
フラワーアレンジメント(フラワーアート)

今回は、群馬県のお花屋さんがチェンマイまでフラワーアートを学びに来ましたのでご紹介致します。

 

 

 

ベースは「バナナの葉」で折り紙的な作業が続きます。

 

 

丸くして真ん中に発砲スチロールを入れます。

 

 

更に、周りに飾り付けをしていきます。

 

 

1つのパーツが完成。

 

 

金串に花を刺して、飾りも作ります。

 

 

土台にも飾り付けします。

 

 

その上に蓋をする感じで発砲スチロールも仕上げます。

 

 

これはお供え用ですので、線香&ロウソクのセットを乗せます。

その上に、最初にバナナの葉で作ったパーツを乗せて、花で飾っていきます。

 

 

正面になる方にも花を飾り付けします。

 

 

最後に、飾りの花輪を作ります。

 

 

先生に手伝ってもらいながら、半日掛けて完成!

 

 

バナナの葉で沢山の飾りを作らなければならないので、ちょっと辛いけど、出来上がったら楽しい!

次の日に続きます。

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

 

 

V-CHIANGMAI で学べるように企画中!

http://v-chiangmai.com/

 

 

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:タイの文化風習など, 16:27
comments(0), trackbacks(0), - -
ヤコブの手紙

日本で連日報道されている「アメフト問題」ですが、収束するどころか、ますます問題が拡大しているように思えます。

 

指導方法と対応に問題があったのは間違えまりませんが、もう既に日本的な指導方法「火事場の馬鹿力」を引き出す指導は、現代っ子にはマッチし難いのかもしれません。

更に、あの対応の遅さと勘違い対応も時代遅れですね。自分達の団体だけだったら通用するかもしれませんが、一歩外に出て、世間向けにあの対応は誰が見てもダメですね。そんな事も予測できない、理解出来ていない時点でやはり「時代遅れ」&「権力による麻痺」と言われて仕方ないのではないでしょうか。

 

監督とコーチの会見を観ていても、ちょっと日本人のイメージとは違いました。私は当事者ではないので、何が本当で真実なのかが分かりませんが、仮に「指導内容との乖離」があったとしても20歳の未来ある青年の為に、自分が悪者になり事態を収束させるのが指導者であり責任者ではないでしょうか。それが私の持っている日本人のイメージです。「武士」「侍」に似た感じです。残念ながら、あの方々には「覚悟」が見えませんでしたね。言い訳するところも日本人っぽくなかったですね。

 

それではどうして、あの選手の会見は世間が納得したのか?

世間の皆さんが感じた事だと思いますが、彼は既に己の「欲」を捨てて会見に臨んだからではないでしょうか。アメフトも辞める、続けないとの発言がそう思わせたのだと思います。

一方、あの監督さんは会見を観ていても「まだ欲を捨てていない」感じが皆さんも感じたと思います。「保身」という言い方かもしれません。20歳の青年を庇うこともせず、まだ己の欲に囚われて、自分の状況も見失ってしまっている姿に世間は呆れているのでしょう。

そうなりますと当然ですが、あの監督さんが「欲」を捨てて青年を庇わなければ、問題は解決しないのでしょう。ですが、もう遅いと思われます…。

 

私はこのニュースを観ていて、ある事を思い出しました。

表題にも書きました『ヤコブの手紙』の1節です。ヤコブの手紙とは新約聖書に出てくるもので、主イエス・キリストの弟子ヤコブが離散している12部族に宛てた手紙のことです。

『欲が孕むと罪を生み、罪が熟すると死を生む。』

『愛する兄弟達よ、思い違いをしてはいけない。』

 

人間は昔から、欲の誘惑により罪が発生することを知っていたのです。その罪を持ち続けると取り返しがつかなくなることも知っていたのです。知らないのは現代人の方かもしれません。

 

最後に、私はガチガチの仏教徒です。
 

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:プチ情報, 23:21
comments(0), trackbacks(0), - -
チェンマイラム病院

身内が怪我の為にチェンマイラム病院に入院したのでご紹介します。

 

チェンマイには日本語通訳が常駐している総合病院がいくつかありますが、チェンマイラムもその中のひとつです。最近リノベーションしてキレイになってます。

 

 

今回はケガでしたが、体調不良で行った場合には検査入院を勧められます。これはタイの保険が入院しないと支払われないことから、病院側の忖度です。

 

ここでタイの医療制度についてお話します。

タイには日本のような「国民健康保険」はありません。少し大きな会社に勤めていると「社会保険」の加入があります。ですが、適用されるのは勤務者だけで、その奥さんや子供には適用されません。更にこの社会保険が使える病院が決められています。どこの病院に行っても良い訳ではありません。

では、個人事業主や会社員ではない方、その奥さんなどはどうするのか!? こういう方々は民間の保険に加入します。当然ながら掛け金によって支払われる額も違います。単純に高額の掛け金をしていれば、いざという時に大きく支払われます。

それでは、会社員でもない、民間の保険にも加入していない人はどうなるのでしょうか!? 国に保険制度が無いので当然ながら、治療費は全額自己負担となります。極端なことを言えば、お金が無い人は保険も掛けられず、病気になっても病院へも行けないという事になってしまいます。

やはり、保険には加入しておきましょう!

 

 

チェンマイラム病院は高層階に「外国人専用フロア(病室)」があります。このフロアの病室は、他の病室より高額になります。このフロアの看護師さんは全員が英語を話せます。
 

こちらが病室です、このフロアは個室のみ。

ホテル並みの設備です。

 

 

付き添いの方用のソファーベッドもあります。

 

 

シャワー&トイレ&洗面所

 

 

高層階なので、見晴らしが良い!

夜になると、ワット・プラタート・ドイ・ステープの灯りが見えました。

 

 

ちなみに、病院食は拒否も出来ます。食事も持ち込み可能です。

病院の設備(検査機など)は良い方だと思います。外国人の方にはストレスが溜まり難い病院だと思います。高いですが…。

 

インターネットも無料で繋がります。

付き添い者は、隠れてビール飲んでました。(本当はダメですよ)

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:プチ情報, 16:01
comments(0), trackbacks(0), - -
チェンマイで釣りしてみた

久々に釣りのお客さんが来られたのでご紹介します。

 

早朝の5時にお迎えに行き、一路「メークワンダム」へ。

この時期の5時は真っ暗です。

 

約1時間でメークワンダムに到着、準備をしながらボートを待ちます。

 

 

ボートの船頭さんも準備OK!

船頭さんも竿を持ってる! やる気だな。 負けず嫌いかな。

 

 

いよいよボートに乗り込みます。

 

 

釣れそうな雰囲気出てキタ〜!

狙うはチャドー(雷魚)らしい。

 

ちなみに、ボートは半日(4時間位)で800バーツでした。

ボートによっても料金が違うらしい。

 

昼前に再びお迎えに上がりました。

果たして釣果は・・・

 

う〜ん、

聞きづらい雰囲気・・・

 

 

帰りに激ウマ「カオソーイ」を食べて帰りました。

 

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:観光(郊外.1〜2h), 12:02
comments(0), trackbacks(0), - -
タイの「平均寿命」と「出生率」

ご案内中に聞かれる質問の中で、タイの「平均寿命」「出生率」について聞かれる事が多いので、今回ココで書きます。

 

まずは【平均寿命】から、

 

タイ・・・世界で70位の74.9歳(男性71.9歳、女性78歳)

日本・・・世界で1位の83.7歳(男性80.5歳、女性86.8歳)

※2015年データ

どちらの国も女性の方が平均で6年は長く生きる!

 

 

続いて【出生率】ですが、

 

タイ・・・世界で167位の1.498

日本・・・世界で170位の1.460

※2015年データ

ちなみに世界1位はニジェール(アフリカ)で7.290!

 

 

以上です。

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:プチ情報, 10:14
comments(0), trackbacks(0), - -
「Pai」◆.汽鵐謄チョン村

Paiの町から車で20分位の所にある中国系民の村です。

 

 

ここは中国共産党軍と戦った李文煥将軍が指揮官だった旧国民党軍第3軍93師団の子孫の村で、以前はアヘンの製造・販売をして武装化していましが、タイ政府がタイの国籍と引き換えに武器を破棄するように交渉し2003年以降、ライチやお茶の栽培、観光業で生計を立てるようになりました。

ここの名物は雲南料理で、日本の「豚の角煮」に似た料理が美味しいです。揚げパンと一緒に食べたら最高です。

 

村の中は中国っぽい雰囲気です。

 

登ったら、こんな感じです。

 

 

タイ人の大好きな、200バーツで変身コーナー!

 

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:-, 19:06
comments(0), trackbacks(0), - -
タイの「軽井沢」と言われる「Pai」

少し前になりますが、パイという町に行ってきたのでご紹介します。

 

チェンマイから山道を車で3時間の山中にある町です。メーホンソンに行く途中にあります。トップシーズンの11月〜翌年2月頃までは西洋人観光客で賑わいます。

 

数年前にも来たことがあり、今回が2回目となります。

 

 

夜に賑わうウォーキングストリート、

チェンマイのナイトバザールの小さい感じです。

 

 

全体的にお洒落な町です。

西洋人が好きそうなレストランやバーも沢山あります。

 

ネットで調べて、夕食はハンバーガーに決定!

その名も『BURGER QUEEN(バーガー クィーン)』

ネーミングに違和感を感じたが味はGOOD!

 

 

 

 

 

店内の落書きコーナー

「Baan ChiangMai 参上!」

行かれた方は探してみて下さい。

 

『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

 

 

 

 

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:観光(遠方,2h以上), 19:14
comments(0), trackbacks(0), - -
ハーブサウナ始めます!(女性専用)

当方の自宅近所にて『ハーブサウナ(女性専用)』を始めますので、ご紹介致します。

ホームページは↓

https://baanchiangmai555.wixsite.com/mysite

 

 

お客様とのお約束!

『ハーブは毎回取り替えます!』

 

 

チェンマイ中心部から車で約30分の所にあります。

ご利用して頂く方の為に、送迎付きで営業致します。

 

 【要予約!】

ホテルにお迎え

   ↓

ハーブサウナ(1〜1.5時間)

   ↓

「タイマッサージ」「小顔マッサージ」もあります

   ↓

シャワー&休憩

   ↓

ホテルへお送り

となります。

 

 

施設のご紹介

まずは、建物から

 

 

 

続いてハーブサウナ(スチーム)

ウッドサウナルームです。

 

 

 

2名様で入れます。

椅子の下からハーブスチームが上がって来ます。

 

 

 

ご利用時には、写真のような専用のサウナ着をご用意してます。(上半身も隠せます)

 

 

 

呼び鈴付きの安全設計(緊急時使用)

 

 

 

暑くなったら、外で休憩

 

 

 

エアコン付きの室内休憩室も完備

 

 

 

オプション(要予約)にて、タイマッサージやフェイシャルマッサージも受けられます。

 

 

 

シャワー(常温)も浴びれます。

 

 

ご利用されたい方は、下記までお問い合わせ下さい。

 

チェンマイ ハーブサウナ

https://baanchiangmai555.wixsite.com/mysite

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:プチ情報, 14:04
comments(0), trackbacks(0), - -
「ヒュッゲ」と「サバーイ」

先程、日本のテレビ番組で「ヒュッゲ」がブームに成りつつあるという番組を観ました。

ヒュッゲ!? 初めて聞くキーワードですが、デンマークの文化らしい。

デンマーク語で「居心地がいい時間や空間」という意味のようです。

この意味を聞く限りでは、タイ語の「サバーイ」と同じような文化かと思いましたが掘り下げていくと、違いが見えてきました。

 

簡単に言いますと、デンマークの方は「ヒュッゲ」することにより【生産性が上がる】という事を意識しているように思えました。

しかし、タイ人は「サバーイ」による生産性の向上は求めていません。サバーイに求められるのは【魂の自由】なのです。

日本人の方には、この違いが分かり難いかもしれませんが、要するに結果を求める行動かどうかの違いだと感じました。

「サバーイ」の結果として【生産性の向上】を求められた時点で、それはもはやタイ人の言う「サバーイ」ではなくなってしまうものと思えます。

 

ちょっと話が逸れるかもしれませんが、例えば日本人は気持ち的に「命を賭けた約束」をすることがあるように思えます。しかし、タイ人はしません。理由は、その約束によって魂が拘束されてしまう感覚に陥るからです。日本人から見たら「無責任」、「良いとこ取り」のように思われるかもしれませんが、否定はしません。『絶対に守らなければならない約束=魂が拘束を受ける』ということ感覚になります。

 

話を元に戻しますと、「ヒュッゲ」と「サバーイ」は似て非なるものと感じました。

私が感じたこの違和感の原因は、重要なことをタイ人が理解していない、もしくは拒否していることだと思われます。

それは何か!?

【権利】×【義務】

【自由】×【責任】

この絶対的な関係性を理解していない、もしくは拒否していることだと思います。

 

 

上記は、私の個人的な意見です。

最後に、『デンマークに行ってみたい!』

author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:タイの文化風習など, 00:20
comments(0), trackbacks(0), - -